絹本による日本画-花岡哲象  第60回個展


 

岡谷美術考古館での個展     
東京などでの個展 H29~     

                  マウスポイントで拡大画像が出ます。

  花岡哲象絹本日本画展 H29.12.19~24 東京銀座 ギャラリー美庵 
第60回個展展示作品より
個展風景、新聞記事、展示作品 等
 2018年1月更新

   
 個展風景
銀座SIXのあるメインストリートから一本入った通りには小さな飲食店や居酒屋、古風な専門店等が古めのビルにひしめき、不思議に人間っぽい街が広がっていました。そんなビルの5F 、小さな画廊「美庵」での個展でした。小さな個展にも関わらず、前回の銀座第7ビルギャラリーと変わらず大勢の方にお越しいただきました。     
     

個展展示作品より

    №705  継がれゆく命(二)   30号 


№727  逝きし人去りし人等の面影を(二)   12号

№182  黄山図譜(十)
蓬莱三島(一)  
80号
  
 

№728  燕児雨気   12号 


№615  荷花蜻蛉  12号  
 
 
№730  初雪の山に向かひて心澄み   12号
 
 
№729  散りゆく秋(とき)、とはの夢   12号
   

№716  光の秋   30号


№724  雪中凌霄花(のうぜんかずら)   12号





№725 牡丹  6号 


№726 ひなげし  6号


 長野日報12月9日 掲載記事 

 岡谷市民新聞12月19日 掲載記事



御高覧感謝申し上げます。

日本画家花岡哲象の略歴 画家の詩    提供 アトリエ澄神洞
このサイトの掲載事項の無断転用を禁じます