絹本による日本画-花岡哲象 絹絵教室 冬麗社のページ 



 活動内容、案内、会員の方への各種ご連絡をさせていただきます。 

—絹本教室— 冬麗社(とうれいしゃ)絹絵研究会  随時入会可能です
   (主宰 花岡哲象(はなおかてっしょう) 後援 岡谷市民新聞社、岩谷画廊、得應軒本店)  
  平成28年1月23日に発足いたしました当会は、日本人の感性に合った独自の上達カリキュラムによって楽しく活動しております。絹絵の魅力を深く知りたい、これからの人生を有意義に綺麗に過ごしたい、心を許せる仲間と勉強する場を持ちたい、はるか遠い未来まで持ち続けられるあこがれを生きたい、そのような皆様の御参加をお待ちしております。主宰者の手の届く限りの高みを、情熱をもってお示しいたします。
 40年以上にわたる絹本への取り組みから得られたもの、得られつつあるものも包み隠さずお伝えいたします。今日の一般的な日本画教育の場で伝えられることの少ない筆の持ち方や筆による写生、空刷毛によるぼかし等の技術から、対象との融合といった内的な世界までを共有することが出来れば幸いです。  
  — 旭日に積りし雪の輝きて光満ち充つ冬麗の朝 (哲象
冬麗社絹絵研究会のロゴ

   このデザインに用いたのは、「荷葉滴露」(№519 平成16年11月 18号) による水の結晶写真です。月刊Hado(平成17年5月号~7月号)に掲載された、故江本勝氏との対談の際に、氏よりプレゼントされたものです。天界の氏への感謝をこめて当会のロゴマークとさせていただきました。  平成30年3月 

№685 往き過ぎぬ時 40号絹本 
 


INDEX
 で記事に で冒頭に  
     2021.1月24日 までの予定表を載せました。2020. 10.25
   「冬麗社」会員の言葉 2.16 
   第2回冬麗社絹絵展のご報告 2019 12.18 
    「冬麗社」入会案内  入会を希望される方はご覧ください 
   筆による写生の例 入会を希望される方はご参考下さい。
  「冬麗社主宰者の言葉2018.4.23
   「冬麗社」取材がありました。取材、研究会風景など 2018.3.6
   「月刊美術」「エプタ」掲載記事 2018.4.23
   遠方からの入会御希望の方へ
  冬麗社絹絵研究会発足に際してのセミナー及び新聞記事 2016.1月
 
 
   


 研究会日程と次回の持ち物などのお知らせ   
研究会日程 次回の持ち物など (前回と同じです)
11月8日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第1多目的ホール   
 ・硯、墨、面相筆
 ・F6のスケッチブック
 ・スケッチブックにはさめる大きさのトレーシングペーパー
 ・筆で写生したもの
 ・筆記具、ノート
 ・硯を置く為の布、水差し
  それぞれの進度に応じて必要なものをご用意ください。        
   
当会で使用する画材は「得應軒本店」でお求めになれます。 
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-1
(株)得應軒本店
☎03-3251-0303  Fax03-3251-8881
地下鉄丸ノ内線淡路町駅・都営線小川町駅 A5出口より左へ1分
 
                                                           
 11月22日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第1多目的ホール  
12月6日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第1多目的ホール   
12月20日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第1多目的ホール   
2021年1月10日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第1多目的ホール   
1月24日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  

 
 第2回冬麗社絹絵展のご報告  なお、 第1回絹絵展の記録はこちらから
 第2回冬麗社絹絵展は盛況のうちに無事終了することが出来ました。  2019.12.18
 

 会の発足から3年、今回は50点余りの作品展示ができました。
会員も次第に増え、絹絵の技術も向上してきました。公募展で受賞する会員も出て来るなど喜ばしい進展です。
 展覧会開催中は大変多くの方に熱心に興味深くご高覧いただくことが出来ました。御高覧下さいました皆様に感謝申し上げます。

展覧会風景  たいへん大勢の方にお越しいただきました。
  
 会員の努力、写生の数々を興味深く見入る皆様
    
きもの姿の会員も…
      
作品スポット  展示作品より一部をご紹介させていただきます  
    会場で写真を撮りましたので背景が映り込んだりしていますが…
 
    
 
ハーモ美術館
第10回グランマ絵画展
 LCV賞受賞
 
2019信州ねんりんピック
理事長賞受賞
 
主宰者の展示
    

  
   
同じ絹絵を学びながらもそれぞれに個性豊かな作品が並びました。
次の機会まで研鑽を重ねてまいりたいと思います。ありがとうございました。

 
 筆による写生の例 (部分)
 

     





 遠方からの入会御希望の方へ
 現在、東京や神奈川、静岡から通われる方もあります。毎回の御参加は無理でも、情熱があれば勉強は可能だと思います。御自分の置かれている条件の中で、遠い未来まで続く一歩を始められませんか。どなたでも未完成でこの人生を終わるのです。
      
  「冬麗社」ご入会案内 随時入会可能です。
 冬麗社(とうれいしゃ)絹絵研究会入会案内
活動内容、会費 
活動 毎月2回 14時~17時 イルフプラザ3Fカルチャーセンター
会費 1回 2,500円 別に会場費200円程  

◎入会の条件・家で写生や制作をする時間をつくることが出来ること。
      ・ 入会時点で80歳以下であること。
  (プロの日本画家や技法収集のみが目的の方はご遠慮ください。)

入会申し込み方法 
入会御希望の方は下記の履歴書を郵送して下さい。(便箋などに手書きしたもの)
 お名前・生年月日
ご住所・☎電話、携帯番号 
画歴 無くてもかまいませんが、作品写真があれば幸いです 
入会の動機 
絵以外の趣味など 
差し支えない範囲で、学歴、職業(主婦、勤務先など)、家族(独身、親の介護中など) 
お顔の写っている写真 
送付先 〒3940044 岡谷市 湊 3-7-19 澄神洞 花岡哲象
その他お問い合わせは 0266-22-5396 までお願いいたします。

  ★入会の強い希望を持ち、あらかじめ履歴書を郵送された方のみが会員として参加できます。
見学はお断りいたします。
  ★
これらの情報は会の運営の為のものです。他に流用することはありません。       
                  
 

 主宰者の言葉

— 日本画を描く⑧「心象を描く」(発行オクターブ)より「個の融けるときめきの世界」抜粋

 

冬麗社絹絵研究会 会員の言葉 
正しく筆を持つことから
 絹絵を始めて三年目を迎えました。
筆による写生から始まり、作品の完成まで筆を欠かすことはありません。
初めは固い持ち方で、不自由であることにも気がつかなかったのですが、先生のご指導と実技体験を通して、筆による写生もようやく自由な感覚が体に伝わるようになってきました。
筆の持ち方のご指導によって今までとは全く違う感触を得ることができ、たどたどしかった線が見違えるほど美しい線に変わってきて自分でも驚くほどです。

美しいスッとした線が引けた時、先生の教えがふっと腑に落ちる瞬間です。
先生はご自分の持っているものを惜しげもなく私たちに伝授して下さっています。
貴重な本物の教えが少しでも自分のものになるように身につけたいと思います。
作品が完成した時の喜びと共に、もっと精進して誰にも感動していただける美しい絵を楽しく描いていきたいと心から願っています。
                               (平成30年3月 百瀬秋麗)

感動と喜び
 子供の頃から絵を描くことは苦手で、本格的な絵の経験もなかったのですが、先生の個展を観させていただいた感動から絹絵を始めました。
70歳を過ぎてからの挑戦です。心配や不安もありましたが、先生の細かい丁寧なご指導のもと、フキノトウを描いた初めての作品「春」が出来上がった時の感動と喜びは本当に大きいものでした。
絹ならではの、線描とぼかしによる表現の世界は本当に美しいと感じます。
筆による写生によって自然の美しさをより深く知ることが出来るようになり、写生もだいぶたまってきました。世界にひとつだけの自分の作品も何点か出来上がり、私にもできるという感動と喜びでいっぱいです。
もっと前から始めることができたらよかったのですが、与えられた今という機会を大切にしていきたいと思います。
                               (平成30年3月 花岡白麗)



深い御縁に結ばれて

 私が哲象先生に学ぶのは2度目になります。1度目は聖徳学園短期大学に在籍していた時です。
その時から30数年が経った今、哲象先生の絹絵教室に通っております。私が住んでいる千葉県船橋市から長野県岡谷市まで。
 50歳を過ぎて、どういう人生にするか、どういう自分でありたいかという事を考えるようになりました。生活の一部に絵を描く自分がいたらいいなという思いから先生の絹絵教室に通うことにしました。長い年月が過ぎてまた哲象先生に学んでいるのも不思議なものですが、学生に戻ったようで新鮮な感じです。
 絹絵を描いている時は日常のことなど忘れ、なんとも心地よい時が流れます。うまくいかない事も多いですが先生が丁寧にご指導してくださいますし、会員の先輩方のアドバイスもありますので楽しく学ばせて頂いております。今はまだ写生もなかなか思い通りに描けませんが、いつか必ず魅力的な絹絵が描けるように精進していきたいと思います。         
                              (令和2年光の春に 石井梨麗)


 
 2018.4月「月刊美術」・「EPTA」に取り上げられました。
 「月刊美術」掲載記事

 
 

「エプタ」掲載記事



  
 2018、3月 取材、研究会風景など
 2018年3月4日、雑誌「EPTA(エプタ)」の取材がありました。
日本古来の「貼る技」の特集の中で、花岡哲象及び冬麗社絹絵研究会を取り上げていただくことになりました。 取材と研究会風景です。 
      
     「貼る技」膠(にかわ)についての取材。
 
研究会風景
     
       

                               
   冬麗社絹絵研究会発足に際してのセミナー及び新聞記事 2016H28年1月~2月 


長野日報・岡谷市民新聞・中日新聞記事
長野日報掲載記事

 
中日新聞 1.30
  市民新聞掲載記事



 長野日報 1.24

 
 岡谷市民新聞 1.24
                                                    

日本画家花岡哲象の略歴    提供 アトリエ澄神洞
このサイトの掲載事項の無断転用を禁じます