絹本による日本画-花岡哲象 冬麗社のページ 



 活動内容、案内、会員の方への各種ご連絡をさせていただきます。 

—絹本教室— 冬麗社(とうれいしゃ)絹絵研究会  随時入会可能です
   (主宰 花岡哲象(はなおかてっしょう) 後援 岡谷市民新聞社、岩谷画廊、得應軒本店)  
  平成28年1月23日に発足いたしました当会は、日本人の感性に合った独自の上達カリキュラムによって楽しく活動しております。絹絵の魅力を深く知りたい、これからの人生を有意義に綺麗に過ごしたい、心を許せる仲間と勉強する場を持ちたい、はるか遠い未来まで持ち続けられるあこがれを生きたい、そのような皆様の御参加をお待ちしております。主宰者の手の届く限りの高みを、情熱をもってお示しいたします。
 40年以上にわたる絹本への取り組みから得られたもの、得られつつあるものも包み隠さずお伝えいたします。今日の一般的な日本画教育の場で伝えられることの少ない筆の持ち方や筆による写生、空刷毛によるぼかし等の技術から、対象との融合といった内的な世界までを共有することが出来れば幸いです。  
  — 旭日に積りし雪の輝きて光満ち充つ冬麗の朝 (哲象

冬麗社絹絵研究会のロゴ



   このデザインに用いたのは、「荷葉滴露」(№519 平成16年11月 18号) による水の結晶写真です。月刊Hado(平成17年5月号~7月号)に掲載された、故江本勝氏との対談の際に、氏よりプレゼントされたものです。天界の氏への感謝をこめて当会のロゴマークとさせていただきました。  平成30年3月 

№685 往き過ぎぬ時 40号絹本 
 
 

 
 第1回冬麗社絹絵展 を開催できる運びとなりました。
  皆様ご高覧いただけましたら幸いです。 

 

INDEX
 で記事に で冒頭に  
新しいお知らせ  「月刊美術」「エプタ」掲載記事 4.23
  「冬麗社主宰者の言葉」4.23
  2018.7月までの予定表と次回に準備していただく物など 4.23
   「冬麗社」会員の言葉  3.25
   「冬麗社」取材がありました。取材、研究会風景など 3.6
   「冬麗社」入会案内  入会を希望される方はご覧ください 
   遠方からの入会御希望の方へ
  冬麗社絹絵研究会発足に際してのセミナー及び新聞記事 2016.1月
 
 
   



 研究会日程と次回の持ち物などのお知らせ   
研究会日程 次回の持ち物など (前回と同じです)
5月6日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  
 ・硯、墨、面相筆
 ・F6のスケッチブック
 ・スケッチブックにはさめる大きさのトレーシングペーパー
 ・筆で写生したもの
 ・筆記具、ノート
 ・硯を置く為の布、水差し
  それぞれの進度に応じて必要なものをご用意ください。        
   
当会で使用する画材は「得應軒本店」でお求めになれます。 
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-1
(株)得應軒本店
☎03-3251-0303  Fax03-3251-8881
地下鉄丸ノ内線淡路町駅・都営線小川町駅 A5出口より左へ1分
 


      
5月20日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  
6月3日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  
6月24日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  
7月8日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  
7月22日(日)pm2:00~5:00 
イルフプラザ3F 第7研究室  

 筆による写生の例 (部分)
 

     






 遠方からの入会御希望の方へ
 現在、東京や神奈川、静岡から通われる方もあります。毎回の御参加は無理でも、情熱があれば勉強は可能だと思います。御自分の置かれている条件の中で、遠い未来まで続く一歩を始められませんか。どなたでも未完成でこの人生を終わるのです。
      
  「冬麗社」ご入会案内 随時入会可能です。
 冬麗社(とうれいしゃ)絹絵研究会入会案内

活動内容、会費 
活動 毎月2回 14時~17時 イルフプラザ3Fカルチャーセンター
会費 1回 2,500円 別に会場費200円程  

◎入会の条件・家で写生や制作をする時間をつくることが出来ること。
      ・ 入会時点で80歳以下であること。
  (プロの日本画家や技法収集のみが目的の方はご遠慮ください。)

入会申し込み方法 
入会御希望の方は下記の履歴書を郵送して下さい。(便箋などに手書きしたもの)
 1  お名前・生年月日
ご住所・☎電話、携帯番号 
 3 画歴 無くてもかまいませんが、作品写真があれば幸いです 
 4 入会の動機 
 5 絵以外の趣味など 
 6 差し支えない範囲で、学歴、職業(主婦、勤務先など)、家族(独身、親の介護中など) 
 7 お顔の写っている写真 
送付先 〒3940044 岡谷市 湊 3-7-19 澄神洞 花岡哲象
その他お問い合わせは 0266-22-5396 までお願いいたします。

これらの情報は会の運営の為のものです。他に流用することはありません。
                  
 

 主宰者の言葉

— 日本画を描く⑧「心象を描く」(発行オクターブ)より「個の融けるときめきの世界」抜粋

 
冬麗社絹絵研究会 会員の言葉 

 
 2018.4月「月刊美術」・「EPTA」に取り上げられました。
 「月刊美術」掲載記事

 
 

「エプタ」掲載記事



  
 2018、3月 取材、研究会風景など
 2018年3月4日、雑誌「EPTA(エプタ)」の取材がありました。
日本古来の「貼る技」の特集の中で、花岡哲象及び冬麗社絹絵研究会を取り上げていただくことになりました。 取材と研究会風景です。 
      
     「貼る技」膠(にかわ)についての取材。
 
研究会風景
     
       

                               
   冬麗社絹絵研究会発足に際してのセミナー及び新聞記事 2016H28年1月~2月 
 



長野日報・岡谷市民新聞・中日新聞記事
長野日報掲載記事

 
中日新聞 1.30
  市民新聞掲載記事



 長野日報 1.24

 
 岡谷市民新聞 1.24
                                                    

日本画家花岡哲象の略歴 画家の詩    提供 アトリエ澄神洞
このサイトの掲載事項の無断転用を禁じます