絹本による日本画-花岡哲象  第61回個展

  
 

岡谷美術考古館での個展   
東京などでの個展 H29~     
                  マウスポイントで拡大画像が出ます。

  花岡哲象絹本日本画展 H30.6.12~18 そごう千葉店 7F美術画廊 
第61回個展 
個展風景、新聞記事、展示作品 等
    2018年6月更新


 №730  初雪の山に向かひて心澄み   12号

 長野日報掲載記事 2018年6月9日


 個展風景
そごう千葉店での個展は今回で10回目になります。百貨店らしく落ち着いた雰囲気の会場です。
 前の週が岡谷市での冬麗社絹絵展、そして今回は千葉、連続しての展覧会にになりましたが、遠くにも関わらず両方にお越しくださいました皆様にこころから感謝申し上げます。
デパートでの個展は4年ぶりですが、それなりに成果を上げることが出来ました。
千葉近郊で以前よりご協力、御高覧下さいました皆様にも再会でき、また新しい御縁にも恵まれました。皆様、ありがとうございました。
     

個展展示作品より


№704 継がれゆく命   30号


№720  雨過星天   6号 

№688 6月の山湖(二)   40号 


№726 ひなげし  6号


№728  燕児雨気   12号  

№721 朝顔   6号  
 

№712 逝きし人去りし人等の面影を   30号


№727 逝きし人去りし人等の面影を(二)  12号


№701 夏霧の野   12号  


№729  散りゆく秋(とき)、とはの夢   12号 


№700
霧流る野(二)   12号



№708 氷とけそめ春近づきて 30号 


№706 光満ちる朝   30号 


№713 雨過ぎし初秋の夜半にコスモスの 12号


№702 過ぎゆく夏   12号


№689
霧流る野   12号  


№724  雪中凌霄花(のうぜんかずら)   12号





№719 うすらひの朝(三)  12号

御高覧感謝申し上げます。

日本画家花岡哲象の略歴    提供 アトリエ澄神洞
このサイトの掲載事項の無断転用を禁じます